水道水よりも刺激のないモイストゲルプラス

 

オールインワンゲル6
化粧のノリが悪いのは、乾燥肌が原因だとは分かっていたのですが、スキンケアに手間や時間を掛けるのが面倒で、化粧水をしっとりタイプにするくらいの対策しかしていなかったんですよね。
当然乾燥肌は進行し、肌荒れから刺激にも弱くなってしまい、とうとう敏感肌用のスキンケアアイテムでもピリピリとした肌刺激を感じたり、肌に赤味が出るようになってしまいました。
カサカサに乾いた肌には小じわが目立ち、角質が厚くなってしまっているのか、大人ニキビもしょっちゅう出来てしまいますし、週末になると目の周りや口元の肌が炎症を起こし、大きく皮がむけてしまうようにまでなりました。
そうなると洗顔の時の水道水ですら滲みるんですよね。

 

小じわで見た目年齢が高く見られる事も嫌なものですが、皮むけする程の肌では人と会うのも辛く、何とかしなければという気になりました。
でも荒れ過ぎた肌には、何度も触れる事になるライン使いのコスメは良くないそうですね。
低刺激というオールインワンゲルを買って試してみたのですが、潤いを感じる前に沁みてしまって耐えられませんでした。

 

もっと肌に優しいものをと思い、ドクターズコスメのアイテムをいくつか試し、最終的に落ち着いたのは、リ・ダーマラボのモイストゲルプラスでした。

 

肌刺激がないという事が大前提だったのですが、これは本当に刺激を感じません。
水道水ですら滲みるのに、モイストゲルプラスは全く刺激を感じる事がなく、ほんのりと漂う花の香りに癒されます。
無香料、無着色、界面活性剤・防腐剤無添加、アルコール・鉱物油・旧表示指定成分も不使用なのに、良い香りがするのは何故かと思ったら、保湿成分のダマスクバラ花水の香りなんでしょうね。

 

プッシュタイプの割には重めのテクスチャですが、肌に伸ばすとスルっと馴染み、浸透力があってベタ付きもなく、重ね付けしてもヨレたりしないんですよ。
エアレスボトルなので雑菌の繁殖や劣化がしにくいですし、使用量の調整もしやすいのも良いですね。

 

使い始めの数日間は4回重ね付けをしていましたが、一般的な保湿用コスメと違い、ただ一時的にお肌に水分を与えるだけではなく、肌そのものが潤いを取り戻すのを助けてくれるゲルなので、段々と使用量を減らしても潤いを感じられるようになっていくんですよ。
最初にたっぷりと使ってしまったので、最初の1本は3週間弱で使い切ってしまったのですが、2本目はしっかりと1ヶ月もちましたよ。
乾燥しわも皮むけもなくなりましたし、大人ニキビも出来なくなりましたし、もちろん化粧のノリだって良くなりましたよ。
オールインワンゲル5
水道水ですら滲みてしまう程に荒れていた肌を潤してくれた、リ・ダーマラボのモイストゲルプラスは、もう手放せないアイテムとなりました。